弁護士紹介

保坂 光彦 (ほさか みつひこ) パートナー弁護士・税理士

弁護士 保坂 光彦

弁護士の保坂光彦と申します。

私は、平成12年に弁護士登録をし、東京の法律事務所において2年間、知的財産権法関連(商標法や著作権)、企業法務関連、渉外法務関連のほか、交通事故事件、医療過誤事件を含む様々な民事事件の経験を積ませて戴きました。

しかし、やはり生まれ育った所沢において自分自身の事務所を持ち、より地域に根ざした仕事の仕方をしたいと思い、個人事務所として保坂光彦法律事務所を設立致しました。その後、勤務弁護士時代の友人、同期の弁護士と共に弁護士法人を設立し、複数事務所体制となった後も、独立開業当初の思いを忘れないよう、地域の中小企業や個人の顧客に対する迅速かつ充実したリーガルサービスの提供を目指し、日々努めて参りました。

その甲斐もあってか、地域の様々な方に支えられつつ、気が付けば法曹経験10年という一つの節目も無事に迎えることができましたし、仲間やスタッフにも恵まれ、事務所の陣容もより一層充実し、自らの理想とするリーガルサービスの提供が可能なレベルに更に近づくことができたと自負しております。

もちろん、現状に満足することなく、また独立開業当初の初心を忘れることなく、今後も、地域の身近で頼れる存在であるべく、より一層の研鑽と誠実な事件処理に努めていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願いいたします。

所属弁護士会
埼玉弁護士会
修習期
53期
学職歴等(抜粋)
  • 林小学校
  • 三ヶ島中学校
  • 私立狭山ヶ丘高等学校
平成6年4月
広島大学法学部 入学
平成11年3月
広島大学法学部 卒業
平成12年10月
東京弁護士会登録(米川耕一法律事務所勤務)
平成14年10月
埼玉弁護士会に登録替え(保坂光彦法律事務所開設)
平成20年1月
弁護士法人アルファ総合法律事務所 開設
平成20年4月
早稲田大学会計研究科 高度会計コース入学(租税法専攻)
平成21年3月
同研究科 修了(会計修士)
平成21年7月
税理士登録(関東信越税理士会 埼玉県支部連合会 所沢支部)
主たる取扱分野(一部)
  • 相続法分野(信託・生前対策を含む)
  • 中小企業法務分野(税務・労働、事業再生を含む)
  • 知的財産法分野
  • 不動産法分野
  • その他一般民事法分野
その他
趣味:テニス、水泳

加藤 剛毅 (かとう ごうき) 弁護士・中小企業診断士

弁護士 加藤 剛毅

弁護士の加藤剛毅(かとうごうき)と申します。

私は、平成16年10月に弁護士登録(第二東京弁護士会)をした後、企業法務に特化した都内の中規模法律事務所(牛島総合法律事務所)に2年間勤務し、企業法務の実務経験を積みました。

その後、企業法務のみならず、市民に身近ないわゆる一般民事事件全般を幅広く扱い、かつ、弁護士同士の顔の見える比較的規模の小さな都内の法律事務所(須藤・高井法律事務所)へ移籍し、文字どおり様々な事件(一般民事事件全般(家事事件を含む各種訴訟案件、交渉案件)、倒産事件(法人の民事再生・破産申立て、債務整理、過払金返還請求等)、労務案件、医療過誤事件、各種契約書作成業務、意見書作成補助業務等)を取扱い、幅広い経験を積んで参りました。

この事務所に3年間勤務した後、私は、もともと将来的には地元の埼玉(出身は秩父市)で地域密着の弁護士活動を行いたいと思っておりましたところ、平成21年9月、縁あって、地元埼玉の当事務所(所沢オフィス)へ移籍することとなり、現在に至っております。

当事務所への移籍前に所属していた法律事務所では、特に、法人の倒産案件(民事再生、破産等)を数多く経験させていただいたこともあり、比較的、法人の事業再生・清算案件の処理を得意としております。また、企業のお客様からご依頼の多い債権回収案件・労務案件の処理や、個人のお客様からご依頼の多い相続案件、交通事故案件等につきましても、これまでの実務経験を生かしつつ、今後、更に精進し、依頼者の皆様にとって迅速かつ最善の法的サービスを提供できるよう尽力していく所存です。

なお、最近では、経営コンサルタントの国家資格とも呼ばれる中小企業診断士の資格取得のため、週末や平日夜間に大学院に通学して勉学に励み、平成29年4月付けで中小企業診断士登録をしました。今後は、中小企業の皆様を法務面だけでなく、経営面(特に、人事・労務面等)でもサポートできるよう努めて参ります。

また、私は、個人のお客様が依頼者となる案件の中では、家事事件、特に相続案件に力を入れて取り組んでおり、さらに相続分野に関する知識を深め、より多くの案件の実務経験を積むため、平成26年10月1日付けにて、最高裁判所より、さいたま家庭裁判所の家事調停官(いわゆる非常勤裁判官)を拝命し、現在は週に1日、毎週木曜日に、さいたま家庭裁判所に家事調停官として勤務し、数多くの相続事件(遺産分割事件や遺留分減殺請求事件等)を担当しております。

半年以上にわたる厳正な選考手続を経て、わざわざ家事調停官に任官する弁護士は全国的にもそれほど多くはありませんので、家事調停官として中立・公平な裁判所の立場から相続案件を担当するという経験は、裁判所の考え方や家事事件の手続の理解を深めることにもつながりますし、それは、ひいては弁護士としての業務にも大いに活かすことができ、相続案件を取扱うにあたって、私の大きな強みになっているものと自負しております。

以上のような経験を踏まえ、現在、私が特に力を入れて取り組んでいる分野は、まず、法人依頼者の分野では、①中小企業の事業再生・清算案件、②債権回収・労務案件等の中小企業法務であり、他方、個人依頼者の分野では、上記のとおり、特に、相続案件に注力して取り組んでいます。

まずは、お気軽にご相談下さい。

所属弁護士会
埼玉弁護士会
修習期
57期
学職歴等(抜粋)
平成 8年4月
早稲田大学法学部 入学
平成13年3月
早稲田大学法学部 卒業
平成16年10月
第二東京弁護士会登録(都内の法律事務所にて勤務)
平成21年9月
埼玉弁護士会に登録替え(当事務所入所)
平成26年10月
さいたま家庭裁判所家事調停官(非常勤)
平成29年 4月
中小企業診断士登録
重点取扱分野
  • 事業再生・清算案件
  • 中小企業法務
  • 相続関係案件
  • 不動産賃貸借案件(オーナー・貸主側)
  • 離婚案件等
その他
趣味:ゴルフ、飲酒

野付 さくら (のつき さくら) 弁護士

弁護士 野付 さくら

弁護士の野付さくらと申します。

私は、平成21年に弁護士登録をし、都内法律事務所において、主として離婚、相続、成年後見等、家庭に関する問題(また不動産事件や破産、債務整理事件等にも)に積極的に取り組んで参りました。

家族間でのトラブルは、どんな方に対しても大きな心の傷をもたらします。また、他の人に相談することが難しく、一人で悩み苦しんでしまう方が沢山います。

相談者の方が、笑顔を取り戻し、前向きな気持ちで生活を送れるように、法律の専門家として、一緒に解決方法を考えていきます。どうぞお気軽に相談にいらしてください。

近年は、セクシュアル・マイノリティ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー等)に関する問題にも取り組んでいます。

弁護士として、一児の母として、皆が個々に尊重され、生き生きと笑顔で過ごせる社会を未来に残したいと思っています。

所属弁護士会
東京弁護士会
修習期
62期
学職歴等(抜粋)
  • 明治大学附属中野八王子高等学校卒業
平成12年4月
明治大学法学部 入学
平成16年3月
明治大学法学部 卒業
平成16年4月
駒澤大学大学院 法曹養成研究科 入学
平成19年4月
駒澤大学大学院 法曹養成研究科 修了
平成20年11月
最高裁判所司法修習所 入所
平成21年12月
東京弁護士会登録
平成22年1月
都内法律事務所勤務
平成28年3月
弁護士法人アルファ総合法律事務所 入所
主たる取扱分野
  • 離婚・相続事件
  • 不動産事件
  • 破産(法人・個人)、清算、債務整理事件
  • セクシュアル・マイノリティに関する問題
  • その他一般民事事件
その他
  • 趣味:バードウォッチング、ウサギと遊ぶ、料理
  • 愛読書:「きのう何食べた?」(よしながふみ)、「鉄道デザインの心」(水戸岡鋭治)

五十嵐 佳弥子 (いがらし かやこ) 弁護士

弁護士 五十嵐 佳弥子弁護士の五十嵐佳弥子と申します。

弁護士登録から約3年間、都内の法律事務所において勤務し、交通事故事件、保険関連事件を数多く担当した後、縁あって、当事務所に移籍し、現在に至ります。

移籍を機に、より市民生活に根ざした、相談者に身近な存在として、法的サービスを提供できるよう努めております。

望むと望まざるとに関わらず、これまでの生活では経験したことのないトラブルに巻き込まれることがあります。思いがけないトラブルは、平穏であるはずの日常を動揺させ、心身の負担となります。

同じようなトラブルについて、他人の話として耳にしたことがあっても、いざ自分のこととなると、事態を正確に把握するのは難しいものですし、今後について不安になり、何を考え、どう行動すればよいのかと、戸惑われることと思います。

インターネットが普及した現在では、以前よりも、自分で情報を容易に収集することができるようになりましたが、そういった情報は概略的にならざるを得ないですし、断片的な情報では問題解決には十分とはいえません。

また、同じようなトラブルを体験した人からは、その経験に基づくアドバイスをもらうことができますが、トラブルは千差万別であり、あなたの場合には当てはまらないかもしれません。肝心なことは、あなたの巻き込まれている紛争をいかに適切に解決するかであり、語られる体験談が、そのまま当てはまるのかは、慎重に見極める必要があります。

このようなとき、法律家は、専門的な見地から、お話を伺うことができます。是非、ためらわず、体験談を超える情報を求めて、専門家の意見を聞きにいらして頂きたいと思います。

弁護士に対する敷居は高いかもしれませんが、トラブルには早期に対処することも重要です。丁寧に事情を伺い、分かりやすく説明するよう心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

所属弁護士会
東京弁護士会
修習期
63期
学職歴等(抜粋)
平成10年4月
立教大学法学部法学科 入学
平成14年3月
立教大学法学部法学科 卒業
平成14年4月
保険会社にて勤務
平成17年4月
明治大学法科大学院 入学
平成20年3月
明治大学法科大学院 卒業
平成21年11月
最高裁判所司法修習所 入所
平成23年1月
第二東京弁護士会登録
平成23年1月
都内法律事務所にて勤務
平成26年5月
弁護士法人アルファ総合法律事務所 入所
平成27年5月
東京弁護士会に登録替え
主たる取扱分野
  • 交通事故
  • 保険関係事件
  • 離婚事件
  • その他一般民事
  • 刑事事件

豊村 聖子 (とよむら せいこ) 弁護士

弁護士 豊村 聖子

弁護士の豊村聖子と申します。私は、平成22年12月に弁護士登録をし、平成23年1月から都内の法律事務所で勤務しておりました。主な仕事内容は、交通事故の被害者側で、加害者加入の任意保険会社との示談交渉、訴訟等、100件以上を手がけました。

その後、ご縁があって平成23年11月から、弁護士法人アルファ総合法律事務所で勤務することになり、現在に至ります。

平成23年といえば、3月11日に発生した東日本大震災を忘れることはできません。
私は宮城県仙台市出身であり、親戚が数多く宮城県に住んでいます。幸い、身内に大きな被害はありませんでしたが、居ても立ってもいられず、石巻市で法律相談をしてきました。そこで感じたことは、法的問題で困っている人が大勢いる、ということです。

今後も原発関連をはじめとして、震災に関する法的問題が数多く発生することが予想されますが、私は、法律の力を借りて権利を実現したいと願う人々にとって、誰よりも親身に寄り添って対応することのできる弁護士でありたいと思っています。

また、法律用語というのは、一般の方々にとって、極めて難解なことが多いです。
例えば、交通事故の損害を算出する場合、弁護士は、当然のように「逸失利益」「ライプニッツ係数」という用語を使用します(この言葉の意味については、当事務所の交通事故専門サイトをご参照ください)。

しかし、私は、依頼者に説明するときは、必ず分かりやすく言い換えたり、説明したりするようにしています。このように、私は、専門的知識を持たない人にとって頼りになる、相談のしやすい弁護士であろうと常に心がけており、依頼者の気持ちを想像しつつ、一緒に解決していく努力をしています。

他方で、企業間の契約書作成やチェック等も扱ったことがありますので、企業のお役に立つこともできると思います。

今後も、少しでも皆様のお力になればと考え、日々精進していく所存ですので、どうぞお気軽にご相談ください。

所属弁護士会
東京弁護士会
修習期
63期
学職歴等(抜粋)
  • 宮城県仙台市泉区 泉第二幼稚園
  • 宮城県仙台市泉区 将監西小学校入学
  • 東京都武蔵野市立第一小学校 卒業
  • 東京都私立 光塩女子学院中等科 卒業
  • 光塩女子学院高等科 卒業
  • 学習院大学法学部法学科 入学
  • 学習院大学法学部法学科 卒業
平成17年4月
明治大学法科大学院 入学
平成20年3月
明治大学法科大学院 卒業
平成21年11月
最高裁判所司法修習所 入所
平成22年12月
東京弁護士会登録
平成23年1月
都内法律事務所にて勤務
平成23年11月
弁護士法人アルファ総合法律事務所 入所
主たる取扱分野
  • 交通事故(被害者側、加害者側)
  • 離婚事件、男女トラブル
  • その他一般民事・任意交渉事件
  • 刑事事件(少年事件含む)
その他
  • 趣味:
    スポーツ観戦(野球、サッカー、ラグビー、マラソン(箱根駅伝)、相撲、オリンピック)
    音楽鑑賞(ピアノ、クラリネット、琴(生田流)を習っていました)
    桜グッズ・腕時計集め、読書、ドライブ、カラオケ、手相研究
  • 好きなもの:猫、コーヒー、ワイン、ビール、チーズ、餃子、卵料理

田村 裕輝(たむら ゆうき) 弁護士

弁護士 田村 裕輝

弁護士の田村裕輝と申します。

私は、長年お世話になっている地元埼玉に恩返しをすべく、弁護士人生を埼玉でスタートする決意をいたしました。

私たち弁護士は毎日数多くの案件を処理しますが、多くの方にとって、弁護士と関わることは、人生に一度あるかないかのことであると思います。それだけに、「一期一会」の精神を胸に、一つ一つの案件に丁寧に取り組んでいきたいと思っております。また、社会生活上の問題を抱えた依頼者の方に寄り添い、ともに考える姿勢を忘れずにいたいと思っております。

地域の皆様にとって信頼できる、心強い存在でいられるよう日々研鑽を積んでいく所存でありますので、よろしくお願いいたします。

所属弁護士会
埼玉弁護士会
修習期
65期
学職歴等(抜粋)
平成16年3月
埼玉県立浦和高等学校 卒業
平成16年4月
東京大学 文科一類 入学
平成20年3月
東京大学 法学部 卒業
平成21年4月
一橋大学 法科大学院 入学
平成23年3月
一橋大学 法科大学院 卒業
主たる取扱分野
  • 離婚(男女トラブル)事件
  • 相続/遺産分割事件
  • 交通事故事件
  • 不動産関係関連事件
  • 労働事件
  • 各種損害賠償請求事件
  • 刑事/少年事件
その他
  • 趣味:サッカー(専らプレーする方)、音楽鑑賞、カラオケ、旅行、読書(小説や漫画など)※藤沢周平氏の作品やミステリー作品が好き
  • 好きなもの:寿司、蕎麦、甘い菓子、犬、ペンギン、自宅、喫茶店、温泉、お笑い
  • 司法試験選択科目:労働法

有資格者

以下の有資格者が在籍しております。

  • 夫婦カウンセラー/終活ライフケアアドバイザー:松元 瑠美

アルファ総合法律事務所について

当事務所は、現在、弁護士が6名所属している、東京(新宿及び国分寺)・所沢にある法律事務所です。主に所沢オフィスを中心として活動しております。当事務所の設立自体は、平成20年に開設・弁護士法人化してから数年ということで、歴史はまだまだ新しいですが、代表弁護士が個人事務所を所沢に構えていたこともあり、当初より所沢で法的サービスを提供しておりました。

その後、国分寺と新宿にオフィスを新設して、所沢を中心とした複数拠点法律事務所として現在までやってまいりました。

おかげさまで、現在では、所沢を中心として、東京都内、千葉、神奈川はもちろん、北海道から九州にいたるまで、全国にその活動範囲を広げております。

所沢・国分寺等の西東京地区においては、もともと所沢オフィスが埼玉において複数拠点をもった初めての法律事務所であり、現在では所沢市内において最大級の法律事務所となったことから、所沢オフィスと国分寺オフィスにおいては、所沢市出身である代表弁護士をはじめとして、全員が所沢や埼玉、西東京地域を中心とした、多様な法的ニーズにお応えするために日夜、切磋琢磨しております。

新宿オフィスでの相談対応もご案内を開始し、今後は、より柔軟な法的サポートを目指していきたいと考えております。