交通事故の問題でお困りの方

交通事故問題のご相談について

交通事故に遭ってしまってお困りの方、このようなお悩みをお持ちではないですか?

  • 交通事故に遭ってしまったが、未だ被害の弁償がなく、加害者とどのように話し合い(示談)をしたらよいかわからない。
  • 保険会社から、示談の金額についての提示があったが、適正なものかどうかがわからない。
  • 交通事故の加害者が、任意保険に入っていないようであるが、自分はどうやって被害の救済を受けられるのかがわからない。
  • 過失相殺という話を保険会社から言われたが、それが何かよくわからない。
  • 交通事故について、その刑事手続きの進行がよくわからない。
  • 交通事故で、医者から後遺障害が残るといわれたが、その賠償はどうなるのかがかわらない。
  • 加害者に反省の態度がみられないので、訴訟をしたいがどうしてよいかわからない。
  • (あるいは)そもそも、今現在どのような点が問題になりうるのかも良く判らない・・

交通事故に遭われてしまった被害者の方にとって怪我等の治療が先決であり、細かい手続きまで考える余裕すらないことも多々あります。

場合によって、本来受けられるような賠償や交わしてはいけない書面を交わしてしまうなど、不注意によって、損害の填補の機会を逸してしまいかねません。
特に、交通事故には、一般に行政の問題、刑事の問題、民事の問題、保険制度上の問題など関連する分野が複数にわたるため、一般の方にも、手続等がわかりにくくなっているところもあります。

交通事故に遭ってしまった後の対応において、損をしてしまうのは好ましくなく、後悔しないためにも、なるべき早い段階での専門家との相談をお勧めします。

保険会社の弁護士特約の利用をお考えの方はこちら

交通事故関連の専門サイト

当事務所がご提供させていただく内容

1. 賠償額の査定相談

保険会社や加害者が提示してきた示談金額について、適切な範囲内のものであるかどうかを判断するため、被害者の方もしくはご遺族の方の被害状況に応じたおおよその賠償額の査定を致します。

賠償額については、裁判での目安となる基準、保険会社が使用している基準、自賠責保険上の基準があるといわれているところですが、そうした基準に配慮し、おおよそ賠償額を明らかにすることによって、それを一つの目安にして、保険会社や加害者が提示してきた示談金額につき、適切かどうか判断をしていただくことが可能となります。

さらに、どのあたりの損害項目がより交渉の余地があるかという点についても、アドバイスをさせていただき、その後の交渉方法や交渉のポイントなどについてもサポートさせていただきます。

保険会社等が提示する金額については、必ずそれに応じなければならないものではありません。被害者の方の損害が填補されるべきとの考えが本来の筋のはずであり、提示されたものが不十分な賠償内容であれば、保険会社等ともねばり強く交渉するべきところであります。

保険会社もしくは加害者の方が提示された金額について、疑問を感じた方は、是非、ご相談ください。

2. 後遺障害のアドバイス・コンサル

後遺障害とは、一般には、治療をしてもこれ以上よくはならず、病気や弊害が半永久的に続く状態のことを指します。

この後遺障害については、ある程度の通院治療をされていることが通常であるため、その過程において、警察・検察、病院、保険会社など書類のやりとりなどが生じていることが通常です。しかし、通常そう何度も経験するものでもないため、被害者の方は、必ずしもそうした書類や手続等に明るいわけでもありません。

そのため、何気ない対応が後に賠償内容に影響を及ぼすこともあります。手続や提出する書類の正確な理解はもちろんのこと、治療中の対応にしても、後々の後遺障害の損害賠償請求に影響を及ぼすことがありますので、注意点等を事前に知っておくことは大切です。

また、後遺障害については、自賠責保険の後遺障害の等級認定が極めて重要なこととなります。後遺障害の等級認定に不服がある場合、異議申立制度もあります。こうした手続について正確な理解をもっておくことも適切な賠償につながります。

すでに、後遺障害の等級認定を受けられた方は、もちろん、後遺障害の診断を受けられた方(等級認定未了の方)、さらには、現在治療中の方で後遺障害の可能性があるということを医師から言われている方など、後遺障害について関わりのある方は、適切な賠償を受けるためにも、是非、ご相談ください。

3. 示談交渉・調停・訴訟代理人としての受任

加害者や保険会社との交渉は、専門的な用語が用いられるなどわかりにくい部分も多々あります。
また、加害者によっては、誠実に対応しようとしない方もいます。保険会社等にしても、必ずしも被害者の方の立場に立った対応でもないため、被害者としては、不満を感じる場合も少なくありません。

そして、何よりも被害者の方は、治療をしなければならないところ、交渉上のストレスを抱えながらの治療は、精神的にも悪影響があり好ましくありません。

また、加害者との間で過失相殺など事故態様などの対立点がある場合もあります。
こうした問題があると交渉はより複雑化する上、場合によっては、法的手続での解決に寄らざるを得ないこともあり得るところです。

示談交渉等がスムーズに行かない場合、対応について煩雑さを感じる場合、訴訟等専門的な知識を要する場合などについては、弁護士を代理人として立て、交渉や手続を進めることができます。

近時、交通事故の保険については、弁護士特約などが付されており、弁護士費用等も保険から支払われる場合もありますので、まずはご相談ください。

4. そのほか

上記以外にも、交通事故を巡る刑事事件や行政事件などについての相談をも受け付けております。また、そのほか、保険に関する相談や特殊事故の相談(高級車盗難事件等)も行っております。

いずれにせよ、早期の相談が望ましいと思われますので、まずはご相談ください。

事故当事者であるご本人様が事務所へお越しいただけない場合

事情をご存知であるご家族の方に、代理でお越し頂いてのご相談や打ち合わせが可能です。

また、後遺障害12級以上、または12級以上相当の障害をお持ちで、お身体の状態等により、当事務所までお越し頂く事が難しい場合には、出張相談も可能となっておりますので、まずはお問い合わせ下さい。

※移動距離又は必要な交通手段によっては、交通費のみご請求させていただく場合がございます。